独ルフトハンザ 、イタリア「ITAエアウェイズ」をグループ傘下に、41%の株式取得で合意、全株式取得のオプションも

独ルフトハンザ グループは、イタリアの国営航空会社 ITAエアウェイズの株式を取得することでイタリア経済財務省 (MEF) と合意した。 ルフトハンザは増資を通じてITAの株式41%を3億2500万ユーロ(約486億円)で取得する。

また、合意の一環として、MEFはITAに対して2億5000万ユーロ(約375億円)を増資。さらに、MEFとルフトハンザは、ルフトハンザが残りの株式を取得するオプションについても合意した。 残りの株式の購入価格はITA航空の事業展開に基づいて決定される。

この取引の完了後、ITAエアウェイズとルフトハンザグループは営業や運航での協力を開始する予定。ITA航空は、ルフトハンザグループのマルチブランド5番目のネットワーク航空会社となる。

EU第3の経済規模を持つイタリアは、ルフトハンザグループにとって重要な市場と位置付けられている。

ITAエアウェイズは、2020年11月に設立。2021年10月に破綻したアリタリア-イタリア航空の後継として就航した。現在の従業員数は約4000人。エアバス機を中心に66機を保有し、年間1000 万人以上を輸送している。特に同航空のハブ空港となるローマからは、アフリカ及びラテンアメリカ路線に強みを持つ。 現在、ITA は国内線21路線、国際線33路線、大陸間路線10路線の計64路線に就航している。

ルフトハンザグループは昨年2月、イタリア国営鉄道会社ともパートナーシップ契約を締結。イタリアでのインターモーダル戦略も強化している。

※ユーロ円換算は1ユーロ150円でトラベルボイス編集部が算出

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…