検索タグ "ベトナム航空"

ベトナム系航空会社、ベトナム発/日本行き国際線を一部再開へ、片道運航で

ベトナム系航空会社、ベトナム発/日本行き国際線を一部再開へ、片道運航で

ベトナムの航空会社が相次いでベトナム発日本行きの運航を再開。ベトナム航空は9月18日からベトナム発成田行きの片道をスポットで運航。LCCのべトジェットエアも9月29日より再開。
ベトナム航空、上場で時価総額が2700億円相当に、国営企業で2社目、世界で競争力強化へ

ベトナム航空、上場で時価総額が2700億円相当に、国営企業で2社目、世界で競争力強化へ

ベトナム航空がホーチミン証券取引所に上場。会長は「上場はブランド力の強化、業務一元化、投資誘致を進める重要な節目になる」などとコメント。
ベトナム航空、福岡線を増便、訪日・日本人の双方向需要が拡大で

ベトナム航空、福岡線を増便、訪日・日本人の双方向需要が拡大で

ベトナム航空が福岡/ホーチミン線を2019年夏スケジュールで増便。インバウンドとアウトバウンドとも需要が好調。
ベトナム航空、2年連続で「横浜FC」スポンサーに、ホーム試合にロゴ看板、ベトナム遠征のサポートも

ベトナム航空、2年連続で「横浜FC」スポンサーに、ホーム試合にロゴ看板、ベトナム遠征のサポートも

ベトナム航空が2年連続でJリーグの横浜FCとスポンサー契約を締結した。2019年シーズン中のホーム試合でロゴ看板を設置するほか、遠征時のサポートも表明している。
ANA、ベトナム航空とのコードシェア拡大、ハノイ/シュムリアップなど国内2路線を追加

ANA、ベトナム航空とのコードシェア拡大、ハノイ/シュムリアップなど国内2路線を追加

全日空(ANA)はベトナム航空との提携一周年記念として、2017年10月29日よりコードシェアを拡大。マイレージプログラムのキャンペーンも。
【人事】ベトナム航空の日本地区総支配人

【人事】ベトナム航空の日本地区総支配人

ベトナム航空の日本地区総支配人に、セールス・マーケティング部副ディレクターのヴー・グェン・クォイ氏が就任。
日本/ベトナム間に初のLCCノンストップ便、ジェットスター・パシフィックが関空に就航へ

日本/ベトナム間に初のLCCノンストップ便、ジェットスター・パシフィックが関空に就航へ

ベトナム航空の子会社・LCCジェットスター・パシフィックが、関空/ハノイ線、ダナン線に就航を発表。運賃は7500円~。
ベトナム航空、成田/ダナン路線で臨時便運航、2017年夏限定で38便増便に

ベトナム航空、成田/ダナン路線で臨時便運航、2017年夏限定で38便増便に

ベトナム航空が2017年夏、成田/ダナン路線で往復38便の臨時便を運航。週末やお盆休みなど特定の19日間限定にて。
ベトナム航空、中部/ホーチミン線を毎日1便に増便、インバウンド需要の急増で

ベトナム航空、中部/ホーチミン線を毎日1便に増便、インバウンド需要の急増で

ベトナム航空が中部/ホーチミン線を、現行の週5便からデイリー運航に増便。2017年冬スケジュールから、現行の中部/ハノイ線のデイリー運航とあわせ、中部/ベトナム間を1日2便体制で結ぶ。
ANA、ベトナム航空とのコードシェア便運航を2016年冬ダイヤから開始、会員プログラムも連携へ

ANA、ベトナム航空とのコードシェア便運航を2016年冬ダイヤから開始、会員プログラムも連携へ

ANAグループが2016年冬ダイヤ(2016年10月30日)より、ベトナム航空とのコードシェア提携を実施。5月に締結した業務・資本提携契約にもとづくもの。
ANA、ベトナム航空と資本提携へ、アジアでの航空需要取り込みを加速

ANA、ベトナム航空と資本提携へ、アジアでの航空需要取り込みを加速

ANAグループが2016年1月12日、ベトナム航空との資本提携を発表。ベトナム航空の株式約8.8%をANAが約130億円で取得。今後、連携してアジアでの航空需要の取り込みへ。
ベトナム航空、10月から中部/ハノイ線デイリー化

ベトナム航空、10月から中部/ハノイ線デイリー化

ベトナム航空(VN)は、中部/ハノイ線で8月5日から月曜便を加えるとともに、10月27日からはさらに水曜便を加え、デイリー運航にすることを決定した。