ベトナム航空、中部/ホーチミン線を毎日1便に増便、インバウンド需要の急増で

ベトナム航空は2017年冬期スケジュールから、中部/ホーチミン線を現在の週5便から1日1便に増便し、デイリー運航する。ベトナム航空はすでに中部/ハノイ線でデイリー運航をしており、2017年冬期からは中部に就航する両路線ともデイリー化。これにより、中部/ベトナム間は週14便となる。

増便の理由についてベトナム航空は、ホーチミンからの訪日旅行需要への対応と説明。ホーチミンはベトナム最大の商業都市であり、インバウンド需要が急伸しているという。

機材は、エアバスA321型機(ビジネスクラス16席、エコノミークラス161席)を使用する予定。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。