インターネットを活用しやすい国ランキング、上位は北欧、日本は21位に

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)が発表した「インターネットを活用しやすい国」ランキングで、日本は65か国中21位という結果になった。ランキング概要は以下の通り。

このランキングは、インターネットアクセスの基礎となる「インフラ」と、企業や消費者のインターネット活用スキルを示す「企業・産業」・「個人」、オンラインコンテンツ量やアクセスの容易さを示す「情報」の4つの観点で評価・指数化した「インターネット・フリクション」指数によるもの。ボストン・コンサルティング・グループでは、この指数が小さいほどインターネットを活用しやすいと説明。指数が小さい国では「インターネット・エコノミー」の規模は大きくなる傾向があり、上位4分の1と下位4分の1のグループでは、GDPに対する割合で約2.5%の差が出ることも判明した。

こうしたランキングは、海外旅行や海外出張でインターネットを利用する際の目安になりそうだ。また、訪日外国人の受入れ体制を改善する動きも活発化しており、日本のネット環境の整備が待たれる。


【インターネットを活用しやすい国(地域)ランキング上位30位】

  1. スウェーデン
  2. フィンランド
  3. デンマーク
  4. スイス
  5. 香港
  6. 米国
  7. アイスランド
  8. ノルウェー
  9. オランダ
  10. カナダ
  11. ドイツ
  12. 英国
  13. オーストリア
  14. オーストラリア
  15. シンガポール
  16. ベルギー
  17. ニュージーランド
  18. アイルランド
  19. フランス
  20. エストニア
  21. 日本
  22. イスラエル
  23. カタール
  24. UAE
  25. 韓国
  26. スロベニア
  27. バーレーン
  28. マレーシア
  29. ポーランド
  30. ポルトガル

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。