独立した子どもに旅行に誘われるのを待つシニア層、夫婦旅が気楽と感じるのは約6割 -エクスペディア調査

エクスペディア・ジャパンが実施した、シニア世代の旅行に関する意識調査によると、シニア女性の63%が「夫と一緒の旅行は気楽でよい」と回答していることが判明した。シニア女性は男性に比べ、幅広い旅行相手の選択肢があり、夫よりも友人や娘との旅行を希望するという他の調査結果もあるが、同調査からはシニア女性が夫と一緒の旅行は心地よいと認識していることも判明した。

シニア夫婦の旅行の費用については、2人で最大「10万円以内」が19.3%で最も多かったが、「50万円以内」(13.0%)も2番目に多かった。ただし、「特に決めない」(20.0%)という意見も多く、必ずしも予算ありきの旅行ではないことがうかがえる。

また、「独り立ちした子供と旅行に行きたいか?」の質問には、35%が「ぜひ行きたい」、54%が「誘われれば行きたい」と回答。37%が「独り立ちした子供に旅行をプレゼントしてほしい」としており、子どもとの旅行を希望しつつも、子どもからのきっかけを待っているシニアが多いことも明らかになった。

調査は60~70代の男女を対象にインターネットで実施。サンプル数は計400名。

(トラベルボイス編集部)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…