イギリスの若者、旅行予約は「自分で素材組合せ」がトレンドに ーBooking.com調査

イギリスの宿泊施設予約サイト「ブッキングドットコム(Booking.c0m)」が実施した2014年の夏休暇の旅行調査によると、英国の若年層にインターネット予約で、旅の素材ごとに予約して組み立てる旅への需要が急速に高まっていることが分かった。1800人の回答者の半数以上が「価格」か「よりよい体験」を求めて旅の素材ごとに予約したと回答している。

ブッキングドットコムのジェイソン・グリスト(Jason Grist)英国地域マネージャーによると、「これまで伝統的なパッケージツアーを利用していた英国の人たちのネット予約の経験値が上がり、『手作り旅行(Holi-D.I.Y.)』の止めようのないニーズの高まりが見て取れる」と指摘する。なかでも、OTAの主要ユーザーであり、ジェネレーションYと呼ばれる「18〜34歳」における手作り旅行のトレンドが近年増加しているという。

手作り旅行の拡大は、彼らの満足度が高いことも後押ししているようだ。調査によると、素材を別々に予約した人の94%が、旅行に「満足する」か「予想を上回った経験をした」と答えている。また、すべての素材を別々に予約したと答えた人の59%が「自分たちの思う通りにしたかった」と理由を答えた。これらの調査結果は、より多くの人々が自らの休暇を予約することに対してこだわりを持ち、自由だというこそが魅力となっていることを示している。


▼新しいネット予約への対策が必須

同時に、これらの傾向は、イギリスの若者旅行者のパッケージツアー離れとインターネット予約への移行を表している。調査では、電話で予約した人は7%、旅行会社に来店して予約した人は4%と少なく、18〜24歳では来店して予約した人の割合は1%に激減する。

さらに、ネット予約をした人の20人に1人はタブレットや携帯端末を使用、18〜24歳では10人に1人と2倍に増える。旅行業関係企業がモバイルでのシームレスな予約販売戦略を加速させている現状では、この数年でさらに増加していくことは明らかだ。

こうした動きに対し、世界205カ国で52万50000以上のプロパティーを揃えるブッキングドットコムは、「自分たちの強みである、信頼できる何百万ものレビュー、口コミからカスタマーサービスまで、インターネット上で必要なものはすべて揃うということを伝えていくことが重要な戦略と考えている」としている。

(トラベルボイス編集部)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。