訪日外国人のつぶやき分析、ツイート数1位の都市は「渋谷」、過半数が写真付きで投稿 ―国土交通省

国土交通省は「SNS等を利用した訪日外国人の意識分析調査」の結果を発表した。2014年11月に日本を訪れた外国人によるツイッター(Twitter)への投稿コメントをもとに分析、「場所」「食べる」「見る」といった分野について、登場頻度が高いワードを集計したもの。分析対象は2.6万人分の5.2万ツイート。そのうち写真付きで投稿した人が2.4万人だったという。

訪日に関するツイート量は以下のとおり。

国土交通省:報道資料より

場所に関する投稿内容をみると、都道府県別で最も出現回数が多いワードは「東京(Tokyo)」の1万662件で、次いで「京都(Kyoto)」の1817件、「大阪(Osaka)」の831件。都市別では「渋谷(Shibuya)」が1213件と最多。さらに「横浜(Yokohama)」408件、「新宿(Shinjuku)」381件と続いた。

また、渋谷来訪者のうち19.7%が「スクランブル交差点(crossing)」、13.5%が「夜(night)」と発言したことが分かった。報告書では、こういった発言の傾向から、各都市を訪問する目的や活動時間帯の傾向も見えてくるとしている。

「場所」に関連する頻出語は以下のとおり。※各表の赤い文字は、ツイートの傾向を表す語として抽出されたもの。

国土交通省:発表資料より国土交通省:発表資料より

一方、食事関連では、「寿司(sushi)」が513件と最も多いほか、「夕食(dinner)」の391件、「ラーメン(ramen)」の346件と続いた。「日本食としてのラーメン」ほか、「ハンバーガー(burger)」や「カレー(curry)」なども上位となり、外国人が日本にて楽しむ食事の傾向をうかがう結果となっている。

国土交通省:発表資料より

また、「見る」関連では、「富士山(fuji)」が1688件と圧倒的トップとなった。続いて「道路・路上(street)」が330件、「ドーム(dome)」が301件となった。さらに、「寺(temple)」や「タワー(tower)」、「神社(shrine)」、「美術館・博物館(museum)」といった建築物に関する投稿が多く確認された。報告書では、たとえば「浅草寺からのスカイツリー」「新幹線からの富士山」など、メジャーな観光地情報に関する外国人の行動傾向を表すコメントが散見されたとしている。

国土交通省:発表資料より

この調査は、2014年11月1日から30日までに、英語によるツイッターへの投稿内容を分析したもの。日本に関連する投稿を精度高く絞り込むために「日本の緯度経度が付与されているツイート(GPS機能を利用)」「写真が付与されているツイート」の合計2.6万人分の発言を抽出。そのうち国籍が判明したツイートは2175件。なお、今回の調査は英語での発言を対象にしているため、発言者の国籍は英語圏(アメリカ、イギリス、フィリピンなど)の割合が高い結果となっている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。