富士山の山小屋すべてで利用できる無料Wi-Fiがスタート、登山口では多言語観光案内 -静岡県・山梨県

ワイヤ・アンド・ワイヤレスは2016年7月10日~9月10日(予定)まで、富士山の全山小屋を含む49地点と、富士山静岡空港で、無料Wi-Fiサービス「富士山Wi-Fi」の提供を開始する。静岡県と山梨県の受託事業者として行なうもの。同社によると、富士山で今回の規模のWi-Fi提供は初めてのことだという。

富士山Wi-Fiは、国内・訪日観光客などすべての人が無料で利用可能。訪日外国人向けアプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」にも対応しており、訪日外国人は同アプリをダウンロードして利用規約に同意すると、自動的に富士山Wi-Fiにも接続する。また、auスマートフォンの利用者の場合は、「au Wi-Fi SPOT」として利用可能だ。

なお、KDDIでは2016年7月10日以降、富士山の4つの登山口(富士宮口、須走口、御殿場口、吉田口)で、多言語翻訳システムを活用した訪日外国人向け観光案内を順次開始する。道案内や登山に関するアドバイスをすることで、安全・安心な登山のサポートと富士山の魅力発信をし、登山者数の増加やリピートの促進、それによる地域経済への波及効果を図る。富士山Wi-Fiの富士山内利用可能エリアは以下の通り。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。