AI(人工知能)が訪日旅行者のコンシェルジュに、宿泊・民泊事業者向けに新サービス開始

ビースポークはこのほど、人工知能を使って外国人旅行者の要望にリアルタイムに応える宿泊施設向け英語チャット コンシェルジュサービス「Bebot」を提供開始した。

同社は2016年4月、日本の「穴場」を外国人に紹介するサイト「LEVART」を開設した。そこで収集した100か国以上のユーザーの声をテキストデータとして解析し、人工知能が自動的に外国人の要望に応える仕組み「Bebot」を開発したという。

訪日旅行者はLINEやWeChat、Facebook Messengerといった会話ツールを使うことで、チェックインからチェックアウト時までチャットで相談可能に。例えば周辺の観光スポットや飲食店予約、道案内などに対応できる。一方、宿泊施設側は旅行者がチェックインした際に「Bebot」にアクセスするためのリンクを発行。その後は、同サービスが英語対応可能なコンシェルジュとなり、旅行者に同伴してくれることになる。

9月中は英語版のみの対応だが、10月から中国語と韓国語、タイ語に対応する予定。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。