リクルート決算、「じゃらん」など旅行分野は売上げ微増で301億円、「ゆこゆこねっと」譲渡の影響も ―2016年4~9月累計

リクルートホールディングスの2017年3月期第2四半期累計(2016年4月1日~9月30日)連結決算は、売上高が前年比10.6%増の8145億円、営業利益が11.7%増の584億円、経常利益が9.8%増の606億円となった。

旅行分野の売上高は0.3%増の301億円。ゆこゆこねっとを譲渡した影響があったものの、グループ内サービスでの延べ宿泊数増加などにより微増で推移した。

また、飲食分野の売上高は5.6%増の178億円。ネット予約人数が引き続き好調に推移し、中小店舗を中心にクライアント数を拡大。「ホットペッパーグルメ」からのネット予約人数は、累計1940万人となり前年比約480万人増を記録。そのほか美容分野もネット予約件数が増大し、売上高は24.8%増の282億円。旅行、飲食、美容分野などを含めた日常消費領域の売上高は、3.4%増の845億円となった。

日常消費領域の売上高推移は以下のとおり。

リクルート:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…