【図解】訪日外国人数、2017年1月は24%増の229万人、韓国と豪州は単月最高に(速報)

日本政府観光局(JNTO)によると、2017年1月の訪日外国人数(訪日外客数:推計値)は前年同月比24.0%増の229万5700人。これは、前年1月の185万2000人を44万人以上うわまわる結果。単月過去最高を記録した2016年7月の229万6451人にわずかな差で迫り、過去2番目となっている。

JNTOは1月の結果について、2017年は旧正月休暇が1月末から始まったことで中華圏からの訪日旅行者が増加したとする。加えて、クルーズの寄港増や航空路線の新規就航・増便、継続的な訪日旅行プロモーションも功を奏したとしている。

2017年1月の訪日外国人数と前年推移は以下のとおり。

※本グラフはコピー&ペーストで自由に転載可

市場別のトップは中国で、前年同月比32.7%増の63万600人。次いで韓国が21.5%増の62万5400人。そのほか伸び率ではマレーシアが73.9%増(3万4500人)、インドネシアが63.8%増(2万2500人)と大幅な伸びを記録。韓国と豪州(9%増の6万1100人)は単月として過去最高となった。

各市場の詳細は以下のとおり。

JNTO報道資料より

なお、JNTOでは2月の見通しについて、旧正月休暇は多くの市場で終了しているため、伸びの勢いは緩やかになるとみる。その一方で、ウィンタースポーツやクルーズなどによる訪日需要が下支えになるとの考えを示している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…