リクルート決算、旅行含む「日常消費」売上は2.7%増に -2017年3月期通期

リクルートホールディングスが発表した2017年3月期通期決算で、じゃらんなど旅行事業を含む「販促メディア」の「日常消費」分野における売上高は、前年比2.7%増の1717億円だった。

「販促メディア」の売上高は7.7%増の3763億円、「日常消費」と並び「販促メディア」を構成する「ライフイベント」は10.2%増の1974億円。その他項目では、EBITDA(減価償却前営業利益)を「販促メディア」で公表しており、9.4%増の1020億円だった。

リクルートでは通期実績のハイライトで同分野について、「住宅分野や美容分野を中心に国内の各事業が好調に推移」と説明している。

全事業の通期連結実績は、売上高は15.8%増の1兆8399億円、EBITDAが14.1%増の2308億円、営業利益が11.6%増の1272億円、当期純利益は32.4%増の854億円だった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…