JTB、新たにITベンチャーに出資、遠隔ロボット技術を観光・インバウンドで実用化目指す【動画】

JTBはこのほど、ロボットを介した「遠隔存在(テレイグジスタンス)」技術を開発するTelexistence社の出資を決定した。ICTベンチャーを対象に投資を行うグローバル・ブレイン社の「グローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合」に対して戦略的LP(Limited Partner、有限責任組合員)出資を実施するもの。新たな事業創出に向けた開発を進め、協業につなげる。

「テレイグジスタンス」とは、同社の創業者のひとりでもある東京大学名誉教授の舘暲(たち すすむ)氏が提唱した概念。離れた場所にいるロボットを操作することで、操作者自身があたかも遠隔地にいるかのように臨場感を持ち、視覚や聴覚、触覚などを感じることができる技術を指す。

遠隔医療や生活支援などでの活用のほか、観光・インバウンド関連サービスとしても「遠隔体験」分野での実用化を検討。さらに、遠隔就労やBtoBの分野での導入も期待される。JTBではテレイグジスタンス社への出資を通じて、同社の研究開発や技術の洗練を支援。社会的な有用性の高い事業モデルの創出を目指す考え。

以下は、テレイグジスタンス社による紹介動画。

Telexistence Inc.(Youtube:約1分20秒)

関連記事:

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。