訪日外国人向けプリペイドSIM、販売総数が110万枚超に、販売店舗はヤマダ電機など家電量販店が最多 ―総務省

総務省はこのほど、2016年度末時点における訪日外国人向けプリペイトSIMの発行状況をとりまとめた。政府ではインバウンド旅行者数4000万人を目指す2020年度までの目標として、「インバウンド向けプリペイドSIMの年間発行数を200万枚」に設定。販売拠点についても、「訪日外国人が訪問する拠点の店舗数1500箇所(外国における拠点も含む)」「複数国からの国際便が乗り入れる全ての空港(22箇所)」と設定している。

それによると、訪日外国人向けプリペイドSIMの発行数は2016年度末時点で110.9万枚。2020年目標値に向けた進捗率は55.4%だった。

一方、販売拠点のうち複数国からの国際便が乗り入れる空港は15か所で2020年度目標に対して進捗率は68.2%。訪日外国人が訪問する拠点の店舗数は2672か所を数え、すでに目標を上回り進捗率は178.1%となった。

店舗の内訳は、家電量販店が最も多く、次いで小売店等、コンビニエンスストアと続いた。家電量販店ではヤマダ電機が928店舗と圧倒的に多く、コンビニエンスストアはセブンイレブン(100店舗)、NewDays(73店舗)、ローソン(54店舗)の順。小売店等ではゲオ・ゲオモバイルが29店舗、イオンが11店舗などが店舗数上位となっている。

主な販売拠点とその分布は以下のとおり。

総務省:報道資料より総務省:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…