星野リゾート、「ザ・ビー赤坂」など新たに6物件を取得、都市観光型のホテル事業を拡大

星野リゾート・リート投資法人は2017年11月1日、沖縄「星のや竹富島」や都内のホテル「ザ・ビー 赤坂」「ザ・ビー 三軒茶屋」など、合計6物件の取得を完了した。合計取得価格は290億3900万円。

同法人が11月1日付で取得した物件は以下のとおり。

取得資産

※物件名称(所在地):取得価格/取得先

星野リゾートグループ運営

  • 星のや竹富島(沖縄県八重山郡竹富町):49億円/星野リゾート・マネジメント

星野リゾートグループ以外運営

  • ザ・ビー赤坂(東京都港区):48億6000万円/星野リゾート
  • ザ・ビー三軒茶屋(東京都世田谷区):44億2000万円/星野リゾート
  • ザ・ビー名古屋(愛知県名古屋市):45億円/星野リゾート
  • ザ・ビー神戸(兵庫県神戸市):70億2000万円/星野リゾート
  • クインテッサホテル大阪心斎橋(大阪府大阪市):33億3900万円/三栄建築設計

ホテルチェーン「ザ・ビー」は、"シックなブティックホテル"をコンセプトに展開中の宿泊施設。今回取得対象の物件を含め、国内複数施設を展開中だ。

星野リゾート・リート投資法人では、2017年10月11月付けで同6物件の取得と貸借開始を発表済み。また、ザ・ビー4物件の経営法人であるイシン・ホテルズ・グループに属する「イシン・ミナトアカサカ・オペレーションズ」「イシン・サンゲンヂャヤ・オペレーションズ」「イシン・ナゴヤサカエ・オペレーションズ」「イシン・コウベサンノミヤ・オペレーションズ」の計4社の株式を取得して100%子会社化。星野リゾートグループと協働して都市観光分野に投資をおこなう事例としての意義もある旨を示していた。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。