民泊施設のコンシェルジュ機能をスマホアプリで、大阪の無人型民泊に外国人旅行者向けサービス導入

アパート経営者向けのシステム開発をおこなうインベスターズクラウドの子会社iVacationはこのほど、大阪の民泊運営サポート事業のVSbiasと大阪府の民泊関連サービスで提携した。

iVacationのアプリ「TRIP PHONE」は、チャット機能や翻訳、観光音声ガイド、レストラン予約やタクシー配車サービス機能などを提供。IoTを通じた多言語対応コンシェルジュ機能や、利用者向けコンテンツなどを展開することで、訪日外国人旅行者対応の人員を常駐させずに満足度を高めるサポートを実施。また、旅行者の行動データを可視化するサービスも提供する。

今回の提携では、取り組み第一弾として大阪府特区民泊施設でVSbiasが企画運営をおこなう無人型宿泊施設「Commune九条」にTRIP PHONEを導入。今後、サービス提供地域を拡大していく考え。

TRIP PHONE

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。