無人レンタカー貸出しを開始、JR東日本とDeNAが連携、スマホで予約からドア解錠・施錠まで

JR東日本とDeNAは2017年12月18日から2018年6月まで、国内複数箇所でレンタカーの無人貸し出しサービスで実証実験を開始する。

「Anyca」専用スマホアプリで事前に車両の検索と予約・決済をおこなうもの。アプリを使って車両のドアを解錠・施錠できるよう、車両にはスマートキーデバイスが搭載される。

今回の実証実験では、DeNAが展開中の個人間カーシェアサービス「エニカ(Anyca)」を通じ、JR東日本レンタリースの保有車両を使っておこなう。実施対象は、新潟、長岡、越後湯沢、新白河、福島、郡山のJR東日本レンタリースの店舗。車両は日産NOTE。料金は1日4000円からで地域や時期によって異なる。

報道資料より無人レンタカー 紹介ページ

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。