成田空港、日本で初めてCTスキャン活用の手荷物検査へ、東京オリンピックに向け実証実験

成田空港は2018年2月15日から、日本国内で初のCT(Computed Tomography:コンピューター断層撮影法)を用いた機内持込手荷物X線検査装置を設置し、実証実験を行なう。

CTスキャンで自動的に爆発物を検知するX線検査装置に、自動で手荷物トレイを搬送する機能を持つ新しいレーンを組み合わせた。高いレベルの保安検査を実現しながら、旅客の利便性や検査効率性の効果を検証する。実施場所は、第1ターミナル北ウィング4階の国際線保安検査場。実証実験には3社の検査機器を用いる。

実証実験は2020年の東京オリンピックに向け、国土交通省航空局が目指す先進的な航空保安検査への取り組みの一環。国交省と航空会社、保安検査会社、保安検査機器メーカーなども実証実験に協力している。保安検査機器と実施期間は以下の通り。

▼保安検査機器と実施期間

  • Analogic社 ConneCT:2018年2月15日(木)~3月01日(木)
  • L3社 ClearScan:2018年3月12日(月)~3月26日(月)
  • IDSS社 DETECT1000:2018年4月09日(月)~4月23日(月)

※実施時間は各日12時~15時


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。