民泊のチェックインをコンビニで、JTBとセブン-イレブンが全国展開、カギの受け渡しも

セブン-イレブン・ジャパンとJTBは民泊解禁日である2018年6月15日から、セブン-イレブン店舗に民泊チェックイン機「セブンチェックイン機」の設置を開始する。まずは東京都内の一部の店舗からスタートし、2018年10月までに50店舗に拡大。実証データを検証し、2020年度までに1000店舗への導入を目指す。

事業のサービス名称は「フロントデスク24」(Convenience Front Desk24)。JTBとセブン-イレブン・ジャパンが、24時間365日常時、チェックインと鍵の受け渡しができるサービスとして共同開発した。民泊施設の合法的な運営を推進するサービスとして、営業する。

住宅宿泊事業法(民泊新法)では、家主不在型の民泊施設の場合、届出住宅内またはその近隣で、名簿の作成と宿泊者の本人確認を対面、またはICTの活用で対面と同等の形で行なう必要であり、その確実な実行が課題にあった。

今回の民泊新法に即したソリューション提供で、JTBは民泊とその周辺の新しいサービスが合法、かつ健全に社会に受け入れられることを目指す。24時間対応の多言語コールセンターも設置し、チェックイン時のトラブル対応のサポートも行なっていく。

セブン-イレブンではこれまで、全店規模で無料WiFiや多言語対応のセブン銀行ATMの設置、一部店舗での免税サービス対応など、インバウンド対応を拡充してきた。今回の民泊チェックイン機の導入で、訪日外国人観光客対する利便性をさらに高めていく。

同サービスの概要は以下の通り。

発表資料より
発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。