クルーズ人口2017年実績、日本人は27%増31万人、インバウンドは252万人で、いずれも過去最多

国土交通省が発表した「2017年の我が国のクルーズ等の動向(調査結果)」によると、2017年の日本人のクルーズ人口(※)は前年比27.0%増の31.5万人と大幅に増加し、過去最高となった。(※ 船内1泊以上の外航クルーズ、または国内クルーズを利用した日本人乗客数)

このうち、乗船地や下船地、寄港地のいずれかに海外が含まれる外航クルーズ(フライ&クルーズ含む)の乗客数は27.4%増の19.7万人、人泊数は13.5%増の134.9万人泊に拡大。外国客船による日本発着クルーズの増加に伴い、外国船社分は30.0%増の18.7万人、人泊数は15.4%増の124.5万人泊に大幅に増加した。日本船社分は9.1%減の0.9万人だった。

ただし、乗船地、下船地、寄港地のすべてが日本国内である国内クルーズの乗客数は、26.4%増の11.9万人、人泊数は34.4%増の31.1万人泊に増加。日本人のクルーズ利用は、国内クルーズ、外航クルーズとも増加している。

発表資料より

訪日クルーズ旅客数は、27.0%増の約252.9万人で過去最多。クルーズ船の寄港回数が、外国船社が2013回、日本船社が751回で、合計が37.0%増の2764回と過去最多で、訪日クルーズ旅客数の拡大に寄与した。日本発着の外航クルーズを利用した外国人の乗客数は、46.8%増の4万人となった。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。