言語に頼らないインバウンド観光案内を実現へ、近鉄とNTTらが奈良で実証実験、複数AIがフォローしあう仕組みも

近畿日本鉄道(近鉄)とNTT西日本、NTTは、複数のAI(人工知能)の組み合わせによる訪日外国人向け観光案内サービスの実証実験を、近鉄奈良駅で実施する。

奈良や伊勢志摩エリアなど、沿線に多くの観光地を有する近鉄では、訪日外国人客を含むすべての利用客に向けて、言語に依存せず、直観的な操作で視覚的に経路や観光をスマートフォンの活用で実現する「シームレス案内」に取り組んでいる。今回の実証実験では、ICTを用いた観光ソリューションのノウハウを有するNTT西日本と、AIやIoT、UI/UXの研究開発を進めるNTT、それぞれの強みを活用する。

具体的には、NTT西日本がWiFi環境を構築し、NTTが画像認識AIと対話AIを組み合わせた「マルチモーダル・エージェントAI」を英語と中国語(繁体字・簡体字)で提供する。AIの組み合わせでは、対話AIでの対応が難しい場合は画像認識AIに引き継ぎ、タイムリーに情報提供を行なえるようにする。テキストや画像以外でも、音声や力感でのコミュニケーションにも拡張する予定だ。

実証実験を通し、利用頻度やコンテンツの満足度、ネットワークを含むICT環境の快適度を分析し、商用化に向けて検討。実証実験を通じて得られた技術を、近鉄が目指す「シームレス案内」のプラットフォーム基盤として活用し、言語に依存しない直観的な観光案内に加え、駅係員や観光案内コンシェルジュの業務支援と、収集データの分析による満足度の高い観光動線の提案に繋げる。また、AIをはじめICTを活用したソリューションの実用化にも取り組んでいく。


実証実験のイメージ
実証実験のイメージ

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。