ソフトバンク、国内のVRコンテンツを海外に配信、スポーツやアイドルのライブ配信から開始

ソフトバンクは米NextVR社と共同で、日本のバーチャルリアリティー(VR)コンテンツを世界に配信する。

第一弾は2018年8月19日に開催されるキックボクシングイベント「KNOCK OUT SUMMER FES.2018」の模様を配信。次いで8月30日より、アイドルグループ「仮面女子」の公演をオンデマンド配信する。

NextVR社は2016年にソフトバンクが出資した企業。3Dで立体視できる技術を用いて没入できるコンテンツを制作している。今回提供するコンテンツは「NextVR NOW」や「NextVR」アプリ内のソフトバンクチャンネルから視聴可能。キックボクシングイベントのライブ配信は、オキュラスが提供するプラットフォーム「Oculus Venues」でも視聴できる。

なお、視聴する際にはNextVR NOWアプリをダウンロードしたスマホを市販のVRゴーグルに装着する必要がある。または「Galaxy Gear VR」やスマホ装着が不要な高機能ゴーグルを利用する際は、専用ストアからNextVRアプリをデバイスにダウンロードして視聴できる。

ソフトバンク:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。