楽天、民泊でファンド創設、昭和リースらがファイナンス支援で参画

民泊事業の楽天LIFULL STAY(ライフルステイ)は2018年9月6日、宿泊施設開発でのファイナンス支援について、昭和リースと業務提携に合意した。今後設立する合同会社(ファンド)に対して、昭和リース、ブリッジ・シー・キャピタル、シルバーバックス・プリンシパルが支援を実施するもの。

創設するファンドでは、Rakuten STAY の宿泊施設を開発・保有、楽天LIFULL STAYに運用代行を委託。支援する3社は投資事業有限責任組合を通じた匿名組合出資によるファイナンス支援を実施し、安定的な資金の確保や幅広い資産の事業化、宿泊施設の開発推進につなげる。ファンドの資産管理業務はブリッジ・シー・キャピタルがおこなう。

第一弾として、楽天LIFULL STAY がハイアス・アンド・カンパニーと共同開発した施設「Rakuten STAY HOUSE×WILLSTYLE」に対するファイナンスを実施。楽天では今後同様のスキームによるファイナンス支援を活用し、地方創生や宿泊市場の活性化に貢献していく考え。

投資スキーム概要図:楽天LIFULL STAY 報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。