東京駅がエレベーター増設、東京五輪へバリアフリー化の推進、大型スーツケースの利用客増加で -JR東日本

東日本旅客鉄道(JR東日本)は2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、東京駅のエレベーターを増加することを発表した。2020年夏までに順次、稼働する予定だ。

東京駅では従来、改札内で地下1階と地上1階を結ぶエレベーターは、商業施設グランスタと東海道線9・10番線ホームを結ぶ1基のみだった。しかし、車いすやベビーカーの利用者に加え、近年は訪日外国人旅行者をはじめ、大型スーツケースを携行する利用客が増加。今後、東京オリンピック・パラリンピックに向けてさらに増加が見込まれるとし、既存発表分を加え、今後5基のエレベーター増設を決定した。

新たに設置を決めたのは、横須賀線・総武線(快速)への主な乗換経路となる丸の内側中央部。11人乗りを1基増設する。

このほか、既に発表しているが、今後増設するものとしては、地下1階とホーム会を結ぶエレベーターとして、中央通路と北通路の間の山手線、京浜東北線、上野東京ラインに計3基。これらのホームには駅南側に既設エレベーターがある。また、新幹線来た乗換口前にも1期設置。乗換口と在来線のコンコース間の段差の不便も解消する。

エレベーター設置個所。星が新設、赤は既設:発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。