渋谷駅直結の新名所が誕生へ、地上47階建ての複合施設、高さ230メートルの屋上展望空間やイベント空間など

渋谷スクランブルスクエアとJR東日本、東急電鉄、東京地下鉄は、渋谷駅直結の地上47階建て複合施設を2019年11月に開業する。

今回の開業するのは「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」。14階と45階~屋上には展望施設「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」を設置。17階から45階にはオフィスを、15階には産業交流施設「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」、地下2階~14階には商業施設が入居する予定だ。

展望施設「渋谷スカイ」は、屋上展望空間では日本最大級の約2500平方メートルを有し、230メートルのパノラマビューを実現。産業施設「渋谷キューズ」では、会員向けに学びと実践をサポートするプログラムを用意し、「出会う」「磨く」「放つ」の3つのフェーズで新たな価値創造とクリエイティブ人材を育成する計画。2019年6月には同プログラムのオープントライアルを開始する。

そのほか、商業施設では、4月10日より3階、7階、12階の3カ所のイベントスペースの問い合わせ窓口を開設。施設がビジョンとする「世界最旬宣言」を発信する情報拠点を目指す場を提供する。

「SHIBUYA SKY」屋上展望空間からの眺望イメージ:報道資料より12階イベントスペースイメージ:報道資料よりイベントスペース 特設サイト

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。