ホテル向け収益最適化支援のメトロエンジン社、新たに3億円資金調達、森トラストや凸版印刷など引受先7社から

人工知能(AI)とビッグデータを用いたダイナミックプライシング支援ツールを提供するメトロエンジンはこのほど、総額約3億円を資金調達した。引受先は森トラスト、凸版印刷など7社。

同社は主要なホテルチェーン30社以上と契約し、過去のデータ分析のみによる従来型のレベニューマネジメントではなく、過去データに加えAIによるラーニングとリアルタイムのビッグデータを分析することで客室単価の最適化を行う支援ツールを提供。今後、レンタカー、高速バス業界でも提供を開始するほか、コインパーキングのダイナミックプライシング、小売店の需要予測などの分野でもサービス展開を図る。

出資を行った森トラストも、「200億円の投資枠を設け、M&Aやスタートアップ企業へ出資する新イノベーション投資戦略の一環。新たな事業創出を通じて、未来の創造を目指したい」などとコメントしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。