旧国鉄の駅長宿舎を古民家ホテルに、鉄道遺産を宿泊施設やレストランに再生する事業が始動、熊本県人吉球磨地域で

熊本県人吉市のクラシックレールウェイホテルズ社は、登録有形文化財であるJR肥薩線矢岳駅近くの旧駅長宿舎をリノベーションし、2019年8月2日に古民家ホテル「星岳・月岳」としてオープンする。

同社の行なうクラシックレールウェイホテルとは、観光列車で人気の人吉市に点在する沿線の鉄道関連施設や古民家をレストランや宿泊施設に再生し、広域周遊観光の実現を目指すプロジェクト。

今回オープンするホテルは、星岳と月岳の2棟(各定員4名)の1棟貸しだが、2018年9月にオープンした同線の大畑駅前のフレンチレストランと、チェックイン機能を持たせる人吉駅とあわせ、3駅をまたぐ秘境オーベルジュとして展開する。鉄道遺産3駅にまたがる地域分散型開発で、人吉球磨の歴史と文化、郷土、地域人材を活用した高付加価値サービスを提供し、沿線の往来活性化を図っていく。

現在同社では、第2弾の展開を熊本県の他地域で検討している。2025年までには九州7県すべてで展開し、九州一周の鉄道ツアーの企画実現を目指している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。