空港の旅客サービス施設使用料など値上げへ、10月の消費税率引き上げで、9月30日まで発券分は現行どおり

2019年10月1日の消費税率の引き上げに伴い、空港会社各社が相次いで旅客サービス施設使用料(PSFC)、旅客保安サービス料(PSSC)の値上げを発表している。これらの料金は内税方式となっているため、現行消費税率8%が10%に引き上げられる増税分を転嫁する形。

料金改定日は2019年10月1日で、同日以降、発券した旅客が対象。航空運賃とともに支払うため、10月以降出発でも、9月30日までに発券した場合は現行料金となる。すでに発表している成田空港と関西空港の改定後の料金詳細は以下の図とおり。

  • 成田空港

成田空港発表資料より
  • 関西空港

関西空港発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。