JR東日本グループ、クラウド出張手配「AIトラベル」と資本提携、宿泊・新幹線・レンタカーのシームレスな手配を実現へ

ベンチャー企業への出資や協業を推進するJR東日本スタートアップはこのほど、クラウド出張手配・管理サービスを運営するAIトラベルとの資本業務提携を発表した。

AIトラベルが提供するAIを活用したクラウド型出張手配「AI Travel」は、出張の要件を入力するだけで最適な宿泊施設や新幹線、レンタカーなどを予約できるもの。ウェブブラウザの1つの画面で多くの情報を一元管理できるメリットがある。

一方のJR東日本グループは、出張に関するサービスを多数展開しているものの、各サービスが独立しているため、利用者がまとめて手配しにくい点が課題となっていた。こういった状況を受け、JR東日本グループではAIトラベルと旅行商品やレンタカーサービスと連携し、ユーザーから好評を得ていた。

両社は今回の資本提携を通じ、検索から予約・管理・分析までをまとめて実現するサービスをさらに強化するほか、出張者、手配者、管理者それぞれの利便性を向上。さらなる協業でJR東日本グループ内のウェブサービスの連携などもすすめ、シームレスな移動社会の実現とビジネス旅行の需要創出につなげる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。