JR東日本アプリで鉄道以外の複合経路検索が可能に、MaaS展開を強化

東日本旅客鉄道(JR東日本)と経路検索「駅すぱあと」を提供するヴァル研究所は、MaaS構築で相互協力を強化する。「JR東日本アプリ(日本語版)」とヴァル研究所の複合経路検索「mixway API」を連携。JR東日本は2019年4月以降、出発駅から到着駅への鉄道の経路検索に「駅すぱあと Webサービス」を採用しており、「mixway API」と連携することで、鉄道だけでなく、徒歩などさまざまな移動手段を組み合わせた経路検索を提供できるようにする。サービスの開始時期は後日、アプリ上などで発表予定。

「mixway API」はMaaS向けAPI。公共交通やシェアサイクル、デマンドモビリティに対応した複合経路検索や、乗り降り自由なフリーパスにも対応した運賃・料金計算などの機能をMaaSアプリやウェブサイトに実装するもの。両社は今後も、公共交通利用者のシームレスな移動の実現に向け協力するとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。