ユナイテッド航空、上級会員向けに新たなアップグレード特典を導入

ユナイテッド航空は、マイレージプログラム「マイレージプラス」において、プレミア・プラチナとプレミア・1Kのステータスを保持する会員を対象とした新しいアップグレード特典「プラスポイント」の導入を発表した。これにより対象会員は、搭乗時のアップグレードの可能性がさらに高まり、より自由度の高いサービスを利用することが可能になる。

この2つの最上級ステータスの会員は、一部地域のみで利用できるリージョナル・プレミア・アップグレード (RPU)と世界中どの路線でも利用できるグローバル・プレミア・アップグレード (GPU)について、今年12月4日(米国時間)以降、共通の「プラスポイント」として貯めることが可能になり、ユナイテッド航空のグローバル・ネットワークのどの便でもアップグレードに使用できるようになる。会員はプラスポイントを同社ウェブサイト内もしくはモバイルアプリ経由でアップグレードすることが可能。

RPUとGPUに代わる「プラスポイント」では、1RPUは20プラスポイントに、1GPUは40プラスポイントに換算される。現在、1RPUを利用して米国内路線と北米路線でエコノミーからユナイテッド・ファーストにアップグレードしている顧客は、積算ポイントから20プラスポイントが引き落とされる。また、現在、1GPUを使って長距離国際線でエコノミーから「ユナイテッド・ポラリス」ビジネスクラスにアップグレードしている顧客は、積算ポイントから40プラスポイントが引き落とされることになる。

「プラスポイント」導入により、エコノミークラスからユナイテッド・プレミアムプラスへのアップグレード、およびユナイテッド・プレミアムプラスからユナイテッド・ポラリス ビジネスクラスへのアップグレードが現在の1GPU 未満で可能になる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。