マカオに新たな巨大MICE施設、ギャラクシーが2021年に開業へ、1万6000人収容可能なアリーナなど

ギャラクシー・マカオと連結するGICCのイメージ

マカオの大手IR企業ギャラクシー・エンターテインメント・グループは、マカオにギャラクシー・インターナショナル・コンベンション・センター(GICC)と超大型イベント施設のギャラクシー・アリーナを2021年上期にオープンすると発表した。マカオは、港珠澳大橋の開通によって、粤港澳大湾区との接続が劇的に向上したことから、MICEデスティネーションとして再び注目を集めている。

GICCは、IRリゾート「ギャラクシー・マカオ」と連結。ギャラクシー・マカオには、ザ・リッツ・カールトン・マカオ、バンヤンツリー・マカオ、JWマリオット・ホテル・マカオ、ホテルオークラ・マカオ、ギャラクシー・ホテル、ブロードウェイ・ホテルがある。また、エンターテインメント、ショッピング、レジャー施設にも簡単にアクセスが可能だ。

GICCは、広さ1万平方メートルの見本市用展示ホール、基調演説セッション、セレモニー、パフォーマンス、製品発表向けの650人収容可能な大ホール、2400人収容可能な宴会場、3区間への間仕切り可能な広さ4000平方メートルの会議場、1000人以上収容可能なダンスホールなどを備える。

一方、ギャラクシー・アリーナは1万6000人の収容が可能。ワールドツアーコンサートや超大型スポーツイベントなどでの利用を見込む。

ギャラクシー・アリーナのイメージ図(報道資料より)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。