訪日客のレンタカー利用促進へ、観光庁が有識者検討会を初開催、事業者と地域の連携検討

観光庁は訪日外国人旅行者のレンタカー利用促進に乗り出す。予約から返却までの受入環境整備、レンタカー事業者と地域・異業種との連携の方向性を検討する「訪日外国人旅行者のレンタカー利用促進に向けた検討会」の初会合を2019年12月13日に開催。訪日客の旅行スタイルが団体旅行から個人旅行へと変化しており、レンタカーを利用する人も増加するなか、受入環境整備や異業種、地域との連携で地域振興を目指す。

検討会の委員は、東京女子大学現代教養学部教授の矢ヶ崎紀子氏、跡見学園女子大学観光コミュニティ学部准教授の篠原靖氏、JTBパブリッシングエグゼクティブ・アドバイザーの楓千里氏、JTB総合研究所上席研究理事観光危機管理研究室長の高松正人氏、ハーツ・アジア・パシフィック日本地区支配人の広脇敬氏、ダイヤモンド・ビッグ社事務局長の弓削貴久氏の6名。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。