プリンセス・クルーズ、新型コロナウイルスへ対応策を発表、新たに横浜発と神戸発のクルーズが中止に

プリンセス・クルーズは、新型コロナウイルスにおける健康上のステートメントと対応策を発表した。それによると、同社は中国での新型コロナウイルス状況を綿密にモニターし、国際的な保険機構と密に調整を図るなど、乗客と乗務員の安全のために、スクリーニング検査、予防および管理措置を強化している。

発表された対応策は7項目。

  1. 過去14日間に中国本土、香港、マカオを経由した乗客の乗船は許可されない。
  2. 乗船前に、熱のある乗客または、呼吸器に症状のある乗客には、体温検査を含む健康診断を行う。
  3. すべての乗客に、病気又は病気の症状に対する報告を義務づけし、乗船前の健康状態を確認する。
  4. 呼吸器疾患の症状で船内メディカル・センターを訪れたすべての乗客に対して、コロナウイルス用の医療スクリーニング検査を行う。
  5. 発熱および呼吸器疾患などの症状、新型コロナウイルス感染が疑われる乗客がいる場合、各国の保健当局へ報告する。
  6. 中国本土からの乗組員は、追って通知があるまで船での乗務はせず待機とする。
  7. 船内では通常おこなっている徹底した清掃および衛生管理に加えて、追加の船内消毒が行う。

また、船内で新型コロナウイルス感染者が見つかり、現在乗船中の乗客に対して14日間の船内待機を要請されていることを受けて、同社は2月4日および2月12日横浜発、2月6日および2月14日神戸港発の運航中止を発表しているが、これに続き2月20日の横浜港発および2月22日神戸港発「陽気に沖縄・台湾クルーズ9日間」、2020年2月20日横浜港発「陽気に沖縄・台湾クルーズ6日間」の運航中止を決定した。

なお、同社は乗船中の乗客の家族に向けに、関係各国で救援のための緊急連絡先を設けた。

北米: 800-693-7222

オーストラリア: 1-300-026-240

ニュージーランド: 0800-002141

イギリス: 0-800-014-8339

日本: 0800-170-6282

このほか、872-201-5236では、乗船中の乗客を含め、上記以外の国からの問い合わせも受け付ける。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。