政府、入国拒否にインドなど11カ国追加、減便要請などの水際対策も6月末まで延長

政府は2020年5月25日、新型コロナウイルスの水際対策として、入国拒否対象地域にインドなど新たに11カ国を追加した。5月27日午前0時以降に日本に到着した人が対象で、当分の間実施する。これにより、上陸拒否の対象は計111カ国・地域に拡大した。

新たに追加したのは、インド、パキスタン、バングラデシュ、アルゼンチン、エルサルバドル、キルギス、タジキスタン、アフガニスタン、ガーナ、ギニア、南アフリカ。過去14日以内に滞在歴がある外国人が対象になる。

また、査証(ビザ)制限や減便など外国からの到着旅客数の抑制要請といった水際対策についても、6月末まで延長した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…