ホテル朝食で利用したいトップに「ビュッフェ以外のレストラン」、ホテルから求められる「手の消毒」、進んで協力するが8割

新型コロナウイルスとホテルのサービスや感染予防対策などで利用意向調査の結果が発表された。調査はJ.D.パワージャパンが都道府県をまたいだ移動自粛解除直前の2020年6月5~8日にインターネットで実施したもの。過去1年間に1泊以上の旅行をしたことある20~69歳の男女1909名から回答を得た。

回答者の旅行時のホテルサービスで利用意向はトップが「ビュッフェ以外のレストラン」で90%。「ホテル内のレストランが提供するテイクアウト」が78%となるなど、新しい需要が創出されている。一方で、「ビュッフェ形式の朝食」が70%、「朝食以外のビュッフェ」が69%と依然高い割合に上った。

J.D.パワー:発表資料より

ホテルによる新型コロナウイルス感染防止の取り組みで「重要+まあ重要」の割合が8割を超えたのは、「客室内への消毒液の設置」、「レストラン・施設の収容人数の制限」、「共用スペースの空間除菌」、「チェックイン時のソーシャルディスタンスの導入」、「フロントカウンターの飛沫飛散防止スクリーン」といった、ウイルス除去対策と3密回避の対策だった。

また、ホテルから求められる感染防止対策への協力についても「手の消毒」は80%以上が「進んで協力する」と回答しているが、「ホテル宿泊前後の自分のスマートフォンへの行動履歴の記録」は39%と消極的な姿勢が明らかに。同社は「アプリ利用など具体的なイメージがつきにくい部分があったのに加え、プライバシー保護に対する危惧が協力への消極的な姿勢を招いているのではないか」と分析している。

J.D.パワー:発表資料より

最後に、今後のホテル選定時の重要点についても尋ねたところ、「料金」(35%)、「立地」(28%)、「サービスの評判」(26%)に続き、「衛生に関する情報を明確に提供していること」(25%)が上位に上がった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。