自宅の旅体験から地域を繋ぐ新プロジェクト、古民家再生事業会社が開始、定額サービスで

古民家ホテルや城泊など、歴史的建造物の再生事業を手掛けるバリューマネジメントは、自宅での旅体験を通じて、地域との繋がりを深め、地域の賑わいを創出するプロジェクトを開始した。

具体的には、地域の特産品とともにその土地のストーリーや生産者の声を自宅に届けるサービスを、自宅にいながら旅先と出会える新しい旅の形「Local MAGAZINE」として、1か月1万円のサブスクリプションサービスで提供。6か月コースの場合、好きな地域に滞在する2名6万円相当の旅を提供する。

また、「Local MAGAZINE」を通して愛着を感じた地域や作り手に実際に会いにいくような旅を提供するリアルの旅の体験「Local STAY」も設定。さらに、「Local MAGAZINE+」を通じて好きになった特定地域との繋がりをさらに深められる機会として、その地域のまちづくりや体験づくりにも参加できる「Local MAGAZINE+」も、1か月1万円で提供する。

バリューマネジメントでは、コロナ禍による外出制限が解除されたとはいえ、街の賑わいをとり戻すには時間を要すると説明。人々の日常に旅を取り入れることで、人口減少や高齢化が進む地域の賑わいを創出し、地域との繋がりを紡ぎ続けたいとの思いで、同プロジェクトを開始したと説明している。

上記3コースの詳細は、クラウドファンディングサイト「READYFOR」へ。

バリューマネジメント:Local MAGAZINE(READYFORサイト内)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。