ANA、9月の国内線で1万445便を運休・減便、計画比45%の減便に、新型コロナの影響依然大きく

(c) stock.foto

ANAは、新型コロナウイルスの影響による需要減退への対応として、9月の国内線の運休・減便を発表した。

2020年9月1~30日の期間、99路線で1万445便を運休・減便。当初の事業計画では121路線で2万3240便を運航する予定だったことから、計画比で45%減便することになる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。