プリンスホテル、東京・恵比寿に新ブランド1号店を開業へ、テクノロジー活用の次世代型ホテルで

プリンスホテルは2020年10月8日、「プリンス スマート イン 恵比寿」を開業する。同社が手がける次世代型ホテルブランド「プリンス スマート イン」の1号店で、最新のICTやAI技術を取り入れたサービスが特徴。同ホテルでは、自分のスマートフォンをドアにかざして入室するスマホキーや複合型サービスロボット、多言語のスマートスピーカーなどを導入する。今後はチェックイン時の顔認証をはじめ、新しい技術活用も視野に入れる。

同ホテルは当初2020年夏の開業を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期していた。国家公務員宿舎原町住宅跡地に野村不動産が建設した分譲住宅や保育施設、介護施設などが入居する複合施設の一角を成し、客室数は82室。レストラン、会議室、フィットネスジム、ランドリーを備える。

今後、「プリンス スマート イン」ブランドの出店は、2020年秋以降に熱海市、2021年夏ごろに京都市、2022年に那覇市での開業を計画している。サービス内容は各ホテルごとに異なり、随時最新技術を導入する予定だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。