JAL子会社LCCのZIPAIR(ジップエア)、成田/ソウル線を10月16日就航、週2便体制で

Image via Shutterstock.

JAL(日本航空)が設立した国際線中長距離LCCのZIPAIR TOKYO(ZG)は2020年10月16日から、成田/ソウル線の旅客便運航を週2便体制で開始する。日本/韓国間では、ビジネス往来の再開が始まるところ。現時点では、日本の航空会社として唯一同路線を運航することになる。これまでは貨物専用便として同路線を運航していた。

運賃はワンランク上のZIP Full-Flat座席用と普通席用の2種類を設定。普通運賃の一部として6歳以下の子ども専用運賃、2歳未満に乳幼児を含むすべての子どもに一律片道3000円で座席を提供する。また、機内Wi-Fiを活用し、乗客のスマートフォンやタブレットを通じたセルフオーダーシステムによる軽食、機内販売品、各種エンターテインメントを利用できるようにする。

ZIPAIRのフライトスケジュールの詳細は下記のとおり。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。