日本発/中国への渡航でダブル陰性証明が必要に、PCR検査と抗体検査、11月8日から

中華人民共和国駐日本国大使館によると、日本から中国へ渡航する航空機の乗客は2020年11月8日から、搭乗2日前以内発行の新型コロナウイルスPCR検査陰性証明、血清IgM抗体検査陰性証明のダブルで陰性証明を提示することが必要となった。中国籍、日本人を含む外国籍のいずれもが対象。

直行便の場合は、中国駐日本大使館、総領事館指定の検査機関でPCR検査、抗体検査を1回ずつ受け、それぞれ検体採取、検査を行い、指定フォーマットのダブル陰性証明を取得し、チェックイン時に原本とコピーを提示し搭乗。第三国・地域を経由、乗り継ぎで中国に行く場合は、日本と経由・乗り継ぎ国・地域それぞれで検査を行う必要があり、PCR検査と抗体検査を2回受けることになる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。