ANA、成田/深圳線を週1便で就航へ、12月14日から、12月の国際線減便率は83%に

(c) stock.foto

全日空(ANA)が、2020年12月の国際線計画の一部変更を発表した。12月14日から成田/深圳線を週1便で開設するほか、成田/プノンペンを再開。ハノイ発成田行き、ホーチミンシティ発羽田行、ホーチミンシティ発成田行き、ヤンゴン発成田行きは増便する。

また、年末年始に成田/デュッセルドルフ線を運航。北米から中部地域への需要に対応するため、サンフランシスコ発名古屋行き、ヒューストン発名古屋行きの臨時便も運航する。

これにより、12月の運航便数は41路線・1050便で減便割合は83%。2021年1月は39路線・963便で減便割合は12月と同じく83%となった。

新規就航となる成田/深圳線のフライトスケジュールは下記のとおり。

  • NH931便 成田8:55発/深圳13:05着 月曜運航
  • NH932便 深圳14:35発/成田19:25着 月曜運航

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。