【年頭所感】ヤフー執行役員 津留崎耕平氏 ―送客の最大化に邁進、新しい旅の啓発にも尽力

ヤフーで、トラベル事業を含むコマース部門を統括する執行役員 コマースカンパニーO2O 統括本部長の津留崎耕平氏が、2021年を迎えるにあたって年頭所感を発表した。

津留崎氏は、コロナ禍で感染拡大防止に努める宿泊施設への感謝を表明すると同時に、2021年もYahoo! JAPANやPayPayを最大限に活用し、Yahoo!トラベル、一休.comを通じた宿泊施設への送客最大化に邁進するとの強い思いを示した。また、感染防止策を徹底した新しい旅の啓発に努め、GoToトラベルキャンペーンの趣旨である失われた旅行需要の回復や安全安心の旅のスタイルの普及を通し、旅行業界へ貢献できるよう取り組むとしている。

発表された内容は以下のとおり。原文のまま掲載する。


2021年 年頭所感

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

昨年は新型コロナウイルス感染症の猛威が、世界中の人々の生活・社会・経済に甚大な影響を与えました。国内旅行・宿泊市場においてもまさに未曽有の状況となりましたが、「Yahoo!トラベル」および「一休.com」は宿泊施設様から変わらぬご支援とご協力をいただき、誠にありがとうございました。また、現下において、感染症拡大防止に努めつつ日々の業務にあたられている宿泊施設の皆様に心よりの感謝を申し上げます。

従来、「Yahoo!プレミアム」会員やソフトバンクのスマホユーザーへのポイント付与、クーポンの配布、限定プランの提供といった優遇施策を実施してまいりました。昨年からは登録者数が3300万人を突破したキャッシュレス決済サービス「PayPay」のユーザー向けキャンペーンを新たに開始し、「Yahoo!トラベル」および「一休.com」を初めてご利用いただくユーザーの増加に努めています。

また、ジャルパック様、ANAセールス様と共同開発した国内宿泊と航空券を自由に組み合わせられる募集型企画旅行商品「ヤフーパック」は提供から2年が経ち、おかげさまで順調に利用いただくユーザーが増えています。加えて、昨年12月からは「ヤフーパック」のユーザー向けに、旅行予約をユーザーがキャンセルした場合にキャンセル料を補償する「旅行キャンセル保険」の提供を開始し、ユーザーが気軽に予約をできる機会を提供しています。

本年も国内最大級の集客力を持つ「Yahoo! JAPAN」や、「PayPay」を最大限に活用し、「Yahoo!トラベル」、「一休.com」を通じた宿泊施設様への送客の最大化に邁進するとともに、一日も早い新型コロナウイルス感染症の収束のためにユーザーに感染防止策を徹底した新しい旅の啓発に努めてまいります。

「Go Toトラベルキャンペーン」の趣旨である失われた旅行需要の回復、新しい旅のエチケットにもとづいた安全で安心な旅のスタイルの普及などを通して、旅行業界に少しでも貢献できるよう邁進してまいります。

本年も皆様のご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

ヤフー株式会社

執行役員 O2O統括本部長

津留崎耕平

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。