JTB、タビナカ予約をスマホで簡単に、宿泊施設チェックイン「アイパス」上で予約可能に、ボークンとシステム連携

JTBは、体験型商品のオンライン予約・販売・決済プラットフォームJTB BÓKUN(ボークン)と、CUICIN(クイッキン)が提供するスマートチェックインをベースにしたホテルOS「aiPass(アイパス)」をシステム連携させた。これにより、アイパス上で滞在中のアクティビティ予約をスマート化。宿泊旅行者がスマホで簡単にタビナカのアクティビティを予約できるようにする。

アイパスは旅行者のスマホを活用して、チェックイン・アウト、施設案内、観光案内を一気通貫で提供する宿泊事業者向けのサービス。JTBボークンとアイパスが連携することで、旅行者にとっては、アイパス上で宿泊施設がすすめるアクティビティなどの体験を、JTBボークンの機能を通じて予約できる。施設に対しては、タビマエからタビナカまでの体験の提案を可能にすることで、それまで別々に管理していた宿泊と体験の予約管理をアイパスで一元化し、業務効率化、収益機会の拡大を促す。

JTBは、日本各地の観光コンテンツを集約し、国内外のさまざまなチャネルと接続して流通させ、旅行者にオンラインで提供する「ツーリズムプラットフォーム(TPF)」の構築を進めており、今回のJTBボークンとアイパスの連携もその一環。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。