日本発着クルーズで「ワクチン接種者限定」商品が登場、ラグジュアリー客船の西日本周遊クルーズ、JTBが買取販売

JTBは、ワクチン接種完了者に限定した外国船社による日本発着クルーズ商品を発売した。シルバーシー・クルーズ社が2021年10月9日から運航する日本発着クルーズを、「憧れのシルバー・ミューズで航く秋の西日本周遊クルーズ8日間」として販売するもの。シルバーシー・クルーズは、1万トン未満から4万トン程度の客船を中心とするラグジュアリー客船ブランドで、客層は裕福な中高年が中心だ。

今回のクルーズは、シルバーシーが海外からの乗客を中心に予定していた日本発着クルーズを中止し、日本市場向けにコース等をアレンジして設定したクルーズを、JTBが買い取って販売。運航が実現すれば、昨年のコロナ発生による緊急事態宣言の発出後で、外国船社による初の日本発着クルーズとなる。

参加者をワクチン接種完了者に限定するのは、シルバーシーの規定によるもの。シルバーシーによると、同社は今年6月から欧州や中南米でのクルーズを再開したが、コロナ後の方針として乗客へのワクチン接種を要件とした(豪州は同要件の対象外)。感染症対策は、同社の方針と運航地域の方針・状況等を踏まえて調整するが、今回の日本発着クルーズは最終的にワクチン接種完了者に限定することを決めた。

日本向け「ワクチン接種者限定」クルーズ販売は初めて

日本では日本船3社が、国土交通省監修のガイドライン以上の感染症対策を行い、世界の中でも早い段階で国内クルーズの運航を再開していたが、ワクチン接種完了者に限定した日本マーケット対象のクルーズ販売は、これが初めてになる。 

このほか、シルバーシーはクルーズ業界でも最高レベルのスペースレシオ(1人当たりの空間的ゆとり)を誇る船会社だが、今回は乗客数を定員の65%に抑えて運航する。また、寄港地での行動は、シルバーシーが実施する観光ツアーへの参加に限定することも決めた。

JTBによると、同商品の販売後のマーケットの反応は「ワクチン接種を条件にした企画は安心して参加できるので歓迎」「クルーズ再開を待ち望んでいたので楽しみ」などの前向きの声が多いという。

また、同クルーズはコースに海外の寄港地が含まれる。JTBによると、クルーズが実施されれば、JTBとして、コロナによる観光目的の国際往来停止後、初の募集型企画旅行による海外旅行になる見込みだ。

なお、同クルーズは、1、発着地または寄港地の政府・自治体による制限が発出されていないこと、2、入国時日本および訪問国(経由地含む)の制限・隔離が解除されていることなどの実施条件を設けており、これらが整うことが催行の前提条件となる。また、ワクチン接種者でも、乗船日前日からさかのぼって14日以内に発熱等の症状やコロナ感染、濃厚接触者となった場合などは、参加対象外となる。

JTBクルーズ「憧れのシルバー・ミューズで航く秋の西日本周遊クルーズ8日間」デジタルパンフレット

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。