シンガポール航空、法人向けプログラムを統合、LCCスクート利用でもマイル獲得、互換性を充実

シンガポール航空は、複数の法人会員向けトラベルプログラムを「HighFlyer(ハイフライヤー)」に統合する。これにより、グローバル企業から中小企業まであらゆる規模の企業の利用を促していく。

この統合によって、シンガポール航空およびLCCのスクート両方で、特別運賃の利用やハイフライヤーポイントの獲得が可能になる。また、ハイフライヤーポイント積算が対象となる予約クラスを増やしたほか、ポイント獲得数ごとに利用できる特典など新しい機能も追加した。

ハイフライヤー会員企業の従業員が、同航空のマイレージプログラム「クリスフライヤー」会員であれば、企業が獲得したハイフライヤーポイントに加えて、自身も対象フライトに合わせてマイルを獲得することが可能。さらに、ハイフライヤーポイントをクリスフライヤー・マイルに交換することもできる。

ハイフライヤーは、すべての国で利用可能で、入会費は無料。「ハイフライヤー」「ハイフライヤー・シルバー」「ハイフライヤー・ゴールド」「ハイフライヤー・プラチナ」の4つのステータスがあり、シルバー、 ゴールド、 プラチナのステータスには年間最低利用金額が設定されている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…