エールフランス航空、2050年のCO2排出実質ゼロに向けて、世界基準の科学的知見で目標設定

エールフランスKLMグループは、独立基準機関SBTi(Science Based Targets Initiative)の合意書に署名した。SBTiは、パリ協定に基づいて地球の平均気温の上昇を2度以下に抑えるという目標策定のグローバル・スタンダード。エールフランスKLMは、2022年上半期までに、CO2削減目標をSBTiが推奨する科学的知見に基づいて設定する。

エールフランスは、すでに2050年までにCO2排出実質ゼロの達成を目指すことを表明。機材の更新、持続可能な航空燃料(SAF)の実用化、運航効率を高めるエコパイロットの実施、2030年までに運航関連の地上業務のCO2排出ゼロ、廃棄物のリサイクル促進と使い捨てプラスティックの段階的廃止を進めている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…