観光地のごみ問題、お金を払ってその場で処分、JTBが地域応援の実証実験、川越・京都の商店街で実施

JTBは2022年2月10日~3月10日の期間中、川越、京都の商店街で観光地のごみ問題を解決する「Go!ME(ゴーミー)」の実証実験を実施する。観光客に「ごみは自宅に持って帰る」というこれまでの選択肢に加え、新たに「お金を払い、その場でごみを処分してもらう」という価値観を提供し、環境と地域社会に貢献する事業。持続可能な観光地づくりを目指す。

実証実験をおこなう川越一番街商店街や京都錦市場商店街は食べ歩きをおこなう観光客が多く見られる一方、日本の観光地近くのコンビニエンスストアや路上にごみを放置するケースも少なくないことが背景にある。

具体的には、参画店舗が専用チラシを貼付したごみ箱を設置。観光客はごみを捨てる際にQRコードを読み取り、任意で選択した金額(53⦅ゴーミー⦆円/100円/500円)をキャッシュレス決済で支払う。各店舗で集まったお金はごみ処理関連費用に充当し、実証実験終了後にGo!MEの専用ウェブサイトで金額と利用用途を公表する。結果を踏まえ、商店街だけでなく、観光施設や寺社仏閣、各種イベント会場など全国への展開を見すえ事業化を検討する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…