JTB、自治体と企業をSDGsでつなぐオンラインツアー開始、2時間で1社10万円から

JTBは、自治体(地域)と企業・団体をマッチングし、協働で社会課題解決の可能性を探ることを目的にした「SDGsリレーション・オンラインツアー」の提供を開始する。SDGsに積極的な自治体をオンラインで訪問し、それぞれの課題や取り組みを説明。相互に学び、話し合う中で、働き方のマインドセットやSDGsに基づく経営戦略のヒントを得るきっかけとする。また、お互いのためにできることを考え、発表することを通し、相互の課題解決のための関係性の構築を図る。

ツアーの所要時間は約2時間で、対応可能人数は10~30名程度。オンラインツアーの代金は1社・1団体10万円~。

なお、同ツアーは、社会課題解決のための人財育成と新しいキャリア創造支援を目指すプラチナマイスター社の「プラチナマイスター・アカデミー」との連携で開発した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。