プリンスホテル、法人向け「SDGs+ワーケーション」で新プログラム、今秋から軽井沢プリンス皮切りに

プリンスホテルは、ワーケーションを通じて企業のSDGs活動をサポートする「SDGsワーケーションプログラム」を2021年秋から開始する。軽井沢プリンスホテルを皮切りに、プリンスホテルが位置する各地域の課題解決につながるプログラムを造成。地域と企業をつなぐことで、企業の宿泊需要も取り込んでいきたい考えだ。

具体的には、間伐ボランティア作業を通じて山を豊かな森にする環境保全プログラム、絶滅の危機に瀕した地産食材の援農ボランティアを行う地域産業活性プログラム、働き手が不足しているワイナリーでのボランティア活動などを提案。各活動の終了後に、関係するNPO法人や自治体から発行されたレポートを「SDGs活動貢献レポート」として、参加した部署、企業ごとに提供する。プログラムは3カ月単位、6カ月単位での実施が可能だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。